「八幡山駅」現在の駅名である「八幡山」は、駅の東南側にある。。

「八幡山駅」

現在の駅名である「八幡山」は、駅の東南側にある八幡宮(八幡宮がある山)に由来する。

電車情報

【乗り入れ路線】京王線
【停車列車種類】快速急行・各駅
【ターミナル駅までのアクセス】・新宿駅まで12分・渋谷駅まで13分・吉祥寺まで17分・大手町まで24分

八幡山駅の歴史

大正 7年(1918年)に松沢駅として開設され、昭和12年(1937年)に八幡山駅に改称された。
明治24年(1891年)に開設された荻窪駅に次いで歴史を持つことになる。
また、現在の高架線の駅になったのは昭和45年(1970年)。

八幡山駅エリアの雑学

八幡山駅
東隣の上北沢駅とは600m、西隣の芦花公園駅とは700mしかそれぞれ離れていない。
上北沢駅に至ってはホームが見える程である。
高架下には2005年から2006年にかけて「京王リトナード八幡山」と称する商業施設がオープンしており、京王ストアなど30店舗が入居している。


このエリア周辺のマップをみる