「三鷹台駅」自然豊かで風情ある閑静な高級住宅街

「三鷹台駅」

吉祥寺駅から近く、自然豊かで風情ある閑静な高級住宅街。
三鷹という宿場町や城下町があったわけではなく、将軍や御三家の人たちの鷹狩をする御鷹場として、今の三鷹市界隈が江戸幕府のや御三家の直轄領になったりしたことからついた名前。三領の鷹場から三鷹。
古くから農地と隣接する農家が多く、三鷹近くの高台にある住宅地の最寄り駅という意味合いで三鷹台と名付けられたと思われる。

電車情報

【乗り入れ路線】京王井の頭線
【停車列車種類】各駅
【ターミナル駅までのアクセス】吉祥寺まで4分

三鷹台駅の歴史

三鷹台駅は昭和8年の開業。平成21年度における一日当たりの乗降人員は2万人を優に越える。
各駅停車のみ停車する駅であり、駅前には商店街が並び、さらにその先には閑静な住宅街が広がるロケーション。南口から少し離れた場所にバス停があり、仙川駅・三鷹駅へのアクセスが可能な路線バスが運行されている。

三鷹台駅エリアの雑学

三鷹台
立教女学院短期大学・高等学校・中学校・小学校の最寄駅としても知られており、
学生たちが多く利用している姿が見られる。


このエリア周辺のマップをみる