江戸城の門 あれこれ<その2>

←その1

東京の中心にある江戸城は、現在皇居として威風堂々とその素晴らしい造形美を今に伝えています。

「桜田門(さくらだもん)」

桜田門は寛永13年(1636年)に徳川家康が入府際に修築されました。
桜田門は2つの門からなり、第一の門(高麗門)、を通ると枡形の空地があり、右折すると第ニの門(渡櫓門)になります。
江戸見附様式で枡形形式の城門を構成しています。
この桜田門の桝形は15間×21間あり、現存している城門の中では最も広い 規模になります。
大正12年の関東大震災で破損し、その際に鉄網土蔵造りに改修されました。
また、安政7年(1860年)3月3日、登城途中の大老井伊直弼の行列を、 水戸・薩摩藩浪士が襲撃し、大老の首級を挙げた桜田門外の変はあまりにも有名です。
現在では「桜田門」はその目前にある「警視庁」の代名詞にもなっています。
昭和36年、国の重要文化財に指定されました。

「半蔵門(はんぞうもん)」

半蔵門は、伊賀忍者で有名な服部半蔵の組屋敷があったのでこの名がついたといわれています。 また寛永江戸図には麹町口、延宝江戸図には麹町御門と記されていて、将軍が 江戸城を脱出しなければならない、急な事態が発生した場合は甲州街道から甲府へと脱出する緊急事態用の門でもあったようです。
その頃の甲州街道の起点は日本橋ではなく、この半蔵門だったそうです。

「田安門(たやすもん)」

田安門は江戸城の北部に位置し、建立以前のこの付近は田安台と言われた田園地帯でした。
桝形形式の門になり、その創立年代は明らかではないですが、慶長12年(1607年)には既に存在していたと言われています。
現在の門は寛永13年(1636年)に再建され、実際に門釣金具に 『寛永13年丙子暦9月吉日....』と彫られています。
現存する門の中では最も古いものです。
また、田安門前の常灯明台は、靖国神社の献灯兼東京湾に入港する船の目標だったそうです。
御三家(紀州・尾張・水戸)に次ぐ家柄格式を持っていた徳川家御三卿(清水・一橋・田安)の家名は、彼らの屋敷が江戸城の田安門・一橋門・清水門内に あった事から命名されたそうです。

「清水門(しみずもん)」

寛永元年(1624)助役大名浅野長晟建立の典型的な枡形形式の門になります。
破風(屋根の切妻にある合掌形の装飾板)の中は銅板が張られ、青海波(せいかいは・雅楽、青海波の舞曲に用いる服の波形の染め模様)が刻まれています。
これは、かつての江戸城天守閣と同じ作りになります。鯱には葵の門があります。
門名については,昔この辺りに清水が湧き出たからだという言い伝えがあります。
清水門、田安門とも江戸城の遺構として責重なため昭和36年6月に国の重要文化財に指定されています。