新宿御苑前駅

「新宿御苑前駅」毎年4月には大勢の花見客で賑います

もとは江戸時代に信濃国南部(現在の長野県伊那市高遠町)に存在した藩、高遠藩(たかとうはん)の最後の藩主となった内藤家の下屋敷のあった敷地であったがその後 1879年(明治12年)に宮内庁管轄(現在は環境省管轄)のもと新宿植物御苑が開設される。 その後1906年5月に「新宿御苑」の名を冠する。 その新宿御苑の最寄り駅であることで駅名になりました。

電車情報

【乗り入れ路線】東京メトロ丸ノ内線
【停車列車種類】各駅
【ターミナル駅までのアクセス】新宿駅まで3分・東京駅まで15分

新宿御苑前駅の歴史

比較的最近で1959年(昭和34年)3月15日 -に開業しました。

新宿御苑前駅エリアの雑学

新宿御苑前駅
新宿駅に近く、乗降人口は比較的多いにも拘らず、売店がなく、改札口も少ないなど、非常に簡素な構造の駅です。

このエリア周辺のマップをみる