「五反田駅」都市再生緊急整備地域

「五反田駅」都市再生緊急整備地域

日本国有鉄道が駅を開設した当時、大崎村は余り知られていない小さな地域であった為、近隣の下大崎で形成しつつあった街「五反田」(現在の品川区東五反田一・二丁目の一部)を駅名に採用したそうです。

電車情報

【乗り入れ路線】JR山手線・東急池上線・都営浅草線
【停車列車種類】各駅
【ターミナル駅までのアクセス】東京駅まで16分・新宿駅まで13分

五反田駅周辺

「城南五山」と呼ばれる高級住宅街が周辺に点在しています

五反田駅エリアの雑学

五反田
元は江戸時代に「五たんだ」として出現した地名です。 このあたりは目黒川の谷が東西に流れ、谷周辺の水田の一区画が 丁度5反(約5000平)だったためつけられたと言うのが有力な説です。 しかし五反田は、大崎村の小字(こあざ)で、 周辺でしか知られていない小さな地域でした。 一般に知られるようになったのは明治44年(1911年)。 星製薬工場が建設され、山手線の五反田駅が開業したことがきっかけでした。
東京おもしろ雑学より


>>城南五山 周辺の不動産を探す

このエリア周辺のマップをみる