「六本木駅」有名人の歓楽街

「六本木駅」有名人の歓楽街

六本木という地名の由来は、その名の通り 6本の「松の木」があったのが由来 とする説や、 上杉、朽木(くつき)、高木、青木、片桐、一柳という樹の名の 大名屋敷が6つあったのが由来とする説などがあります。 六本木が町として形をなしたのは、江戸時代からです。 徳川2代将軍秀忠夫人の葬儀に功績のあった僧侶たちが、 人気のない寂しい この地に4つの寺を建て、門前町を開いたことに始まります。 戦後は米軍の接収地となり外国人向けのバーやレストラン、ナイトクラブが増え、必然的に街並みが洋風になっていったようです。 東京おもしろ雑学

電車情報

【乗り入れ路線】東京メトロ有楽町線
【停車列車種類】各駅停車
【ターミナル駅までのアクセス】・東京まで11分・渋谷まで5分・品川まで22分・池袋まで21分
【1日平均利用者数】約121,931人(2010年)

六本木駅周辺

メトロハット、「世界一巨大なポスト」としてギネスブックに登録申請したそうです

六本木駅エリアの雑学

六本木ヒルズ
デザインは、コーン・ペダーセン・フォックス・アソシエイツが 森タワーやグランドハイアット東京などを、 ジャーディ・パートナーシップ(ジョン・ジャーディ、en:Jon Jerde)が けやき坂など低層部の商業エリアを担当。 テレビ朝日は建築家槇文彦、イメージキャラクターの「ロクロク星人」は 現代芸術家の村上隆によるものです。
続きは東京おもしろ雑学


このエリア周辺のマップをみる