新中野駅

「新中野駅」

元々はもっと杉山公園よりにできるはずだった「新中野」駅ですが、当時相当な賑わいを見せていた商店街からの強い要望で、新宿寄りの現在の位置になりました。 それに伴い「南中野」となるはずだった駅名も変更を余儀なくされ、現在の「新中野」に落ち着きました。

電車情報

【乗り入れ路線】東京メトロ丸ノ内線
【停車列車種類】各駅
【ターミナル駅までのアクセス】新宿駅まで8分・東京駅まで25分・池袋駅まで40分

新中野駅の歴史

1961年2月 営団地下鉄・荻窪線の終着駅として開業。
1961年11月 荻窪線が南阿佐ヶ谷駅まで延長される。
1972年4月 荻窪線から丸ノ内線に改称。
2004年4月 営団地下鉄が民営化。東京メトロ・丸ノ内線となる。

新中野駅エリアの雑学

新中野駅
浅田次郎原作の映画「地下鉄(メトロ)に乗って」には、開業間もない新中野駅が登場します。

このエリア周辺のマップをみる