「梅ヶ丘駅」近年人気急上昇中の駅

「梅ヶ丘駅」近年人気急上昇中の駅

昭和2年の小田急線が開通した年にはまだ梅ヶ丘駅はありませんでした。 昭和5、6年頃の宅地化により地元有志が小田急に懇願したところ 「600坪の土地の無償提供と、3人の駅員の3年分の給与負担」を条件に 開設が決定しました。駅名の由来ははっきりとしたものはありません。 附近の土地の所有者が梅鉢を家紋にしていたことに由来する説や、 近くに古墳があり「埋めヶ丘」と呼ばれていた事を基にし、 「埋め」を「梅」にかえ「梅ヶ丘」としたとする説もあります。

電車情報

【乗り入れ路線】小田急線
【停車列車種類】・区間準急・各駅
【ターミナル駅までのアクセス】・渋谷駅まで10分・下北沢まで3分・新宿まで11分

梅ヶ丘駅の歴史

昭和9年4月1日開業。
かつて山手線の外側にもう1つ環状路線をつくろうという壮大な計画があり、その「接続駅」として設けられた。

梅ヶ丘駅エリアの雑学

梅ヶ丘
南口には延命地蔵尊があり、街の人の無事を見守っています。 昭和20年以降人口増加に伴い、昭和23年頃から梅ヶ丘踏み切り内で、 子供の死亡事故も多くなりました。 事故に遭われた人達の鎮魂供養と、街の皆様の無事を願って建てられました。


このエリア周辺のマップをみる