富ヶ谷の由来

富ヶ谷は、古くは「留貝」という地名でよばれていました。
それは、富ヶ谷の低地、1丁目から代々木公園駅にかけて、地下10メートルほどのところが一面に貝の化石層だったことによります。
この「留貝」がのちに縁起をかついで富ヶ谷となったと言われています。

昭和7年に旧代々幡町の大字であった代々木のうち、字富ヶ谷が代々木富ヶ谷町と呼ばれるようになりました。
昭和36年から38年の住居表示により現在の町域となり、現在の地名「富ヶ谷」になりました。