東京都庁 -文化とスポーツのスタートライン-

「とちょう」と言えば言わずと知れた「東京都庁」のこと。
東京都新宿区西新宿二丁目8番1号にあります。
建物は第一本庁舎、第二本庁舎、都議会議事堂の3棟。
第一本庁舎と第二本庁舎は、西側の新宿中央公園に面しています。

英語で表記すると「Tokyo Metropolitan Government」。
地下鉄が東京メトロ○○線と名づけられたきっかけでもありますが、その名に一番影響を受けたのはMXTVでしょう。 正式名称を東京メトロポリタンテレビジョン」となんとも長いネーミングなのですが、「東京のローカルテレビ」という理由から名付けられたとはいえ、英語表記にも適った国際的な名称になりました。

庁舎は一般の職員が所属する知事部局のほか、行政委員会・公営企業・消防吏員・警察官・学校教職員までを含めると総計約17万人もの職員を抱える巨大な組織になります。
一般会計が6兆1720億円(平成18年度)とよその国の国家予算と見まがうばかりの予算が動きます。
都知事はある意味一国の首長と同じとも言えるかもしれません。

昭和18年(1943年)、東京府と東京市が統合して東京都になった頃、都庁舎は麹町区有楽町にありました。
昭和32年(1957年)には千代田区丸の内三丁目に都庁舎が完成し移転。
現在の庁舎は平成2年(1990年)、新宿区西新宿二丁目に完成。翌1991年に引越し現在の姿があります。

庁舎45階には無料の展望台があり、都内が見渡せます。
年末年始以外は年中無休。
朝9時半から23時まで利用でき、夜景を楽しむこともできます。
バーや喫茶店、お土産やなどもありデートコースにしても有意義なスポットになっているとか。

都議会議事堂とともに5号地にある都民広場は約5000㎡のキャパシティーがあり、ヘブンアーティストをはじめとするイベント会場にもなります。
また都庁前は東京マラソンのスタート地点としてもすっかりおなじみになりました。