武蔵小山 -商店街で賑わう街-

武蔵小山(むさしこやま)は東急目黒線・武蔵小山駅を中心とした地域を云います。
具体的な住所ではないにも関わらず一般に知られているのは、商店街の影響かもしれません。

古くから「宿」として栄えた品川区は商店街の盛んな地域。
中でも武蔵小山は、駅周辺に5つの商店街・商店会があり、規模・賑わいともに戸越銀座と並ぶ、最大級の商店街です。

その中の一つには東京都内では最長の800mのアーケード商店街「武蔵小山商店街パルム」があります。
完成当時は東洋一とも言われ、各地から視察に訪れるなど注目を浴びるアーケードだったといいます。

そうした商店街で賑わう一方、病院も多く、林試の森公園や目黒不動尊が徒歩圏内にあるのも人気のひとつに上げられるようです。
小山台地区は23区内で最も治安のいい地域にランクされているのも注目です。