「六義園(りくぎえん) 」小高い築山と広い池をもつ明るい庭園

 数ある名所の中から今日は六義園の今昔をお話しましょう。
六義園は、小石川後楽園とともに江戸の二大名園に数えられていました。

 造ったのは、五代将軍・徳川綱吉の寵臣・柳沢吉保。
元禄8年(1695年)将軍 より下屋敷として与えられたこの地に、自ら設計を指揮し、7年の歳月をかけ て「回遊式築山山水庭園」を造りました。

ここは平坦な武蔵野の一隅だったので庭を造るにあたり池を掘り、山を築き、千川上水の水を引いて大泉水にしました。

六義園は吉保の文学的造詣の深さを反映し、和歌趣味を基調とした繊細で温 和な日本庭園になっています。
庭園の名称は、中国の古い漢詩集である「毛詩 」に記されている「詩の六義」すなわち風、賦、比、興、雅、頌という六つの 分類法の流れを汲んだ和歌の六体に由来します。
庭園は中の島を有する大泉水を樹林が取り囲み、紀州(和歌山県)の和歌の浦の景色を初め、万葉集や古今和歌集に詠まれた日本の名勝に似せた景観を造 りだし、その88カ所にそれらにちなんだ名前をつけています。

庭園は明治時代に入って岩崎家の所有となり、昭和13年に東京市に寄付されて一般に公開されることになりました。
なお、昭和28年3月31日に国の特別名勝に指定されました。
ご利用されるには入園料200円、月曜日が休園、無料公開日はみどりの日(4月29日)と都民の日(10月1日)となっています。