街をたのしく!住建ハウジングの東京地域情報サイト

戸山公園(とやまこうえん)

自然だけじゃなく馬と触れ合える!

戸山公園 戸山公園は、明治通りで箱根山地区と大久保地区の東西に分けられ、面積は約18万㎡もある大型の都立公園です。
このあたりは昔、尾張徳川家の下屋敷があり、戸山荘と言われていた地域で、箱根山地区は、都営の大型団地、戸山ハイツに隣接しており、明治通りの東側にあたります。戸山公園の箱根山地区には、山手線の内側で、一番高い築山「箱根山」があるのが有名です。この山は標高44.6メートルあり新宿区でも一番高い山です。天然の山で日本一低いといわれる、徳島市にある「弁天山」の標高6.1メートルの約7倍、人工の山では、登山認定証までくれる大阪の「天保山」の標高4.5メートルの約10倍の高さがあります。
戸山荘と言われた尾張徳川家の下屋敷は、136,000坪もあり、そこに、 池泉回遊式庭園を作り、池を掘った残土で造りあげた築山が先ほどの箱根山だといいます。この築山の名前は、「玉円峰」と言ったのですが、この下屋敷に武家のお侍さんが、現実にはなることのできない町人ごっこをして遊ぶために、東海道53次を模した街並みや宿場をつくり、築山の玉円峰を箱根山と呼んだそうです。
その後、この広大な庭園、下屋敷は、政権奉還に伴い徳川家から明治新政府に渡され、都心に近く広大なので、明治6年から第2次大戦が終結するまで、軍の演習施設や、兵学校に利用されて行きます。有名な旧陸軍軍医学校防疫研究室(満州国で細菌兵器を作るために人体実験を行った、石井四郎率いる731部隊の基となる)の発祥の地でもあります。悲しい歴史のある地の公園でもあります。

アクセス

【所在地】東京都新宿区大久保3-5-1
【問合せ】03-3200-1702
【駅からのアクセス】
 ・JR「新大久保」/地下鉄東西線「高田馬場」(T03)下車 徒歩10分(大久保地区)、徒歩25分(箱根山地区)
 ・地下鉄東西線「早稲田」(T04)下車 徒歩10分(箱根山地区)
 ・地下鉄大江戸線「若松河田」(E03)下車 徒歩15分(箱根山地区)
 ・地下鉄副都心線「西早稲田」下車 徒歩6分(大久保地区)

施設内容

やくどうの広場、ジョギング広場A・B、幼児コーナー、芝生広場、つどいの広場、いこいの広場、子供の広場、疎林広場、のびのび広場、箱根山、陸軍戸山学校跡碑、花の広場、ひなたぼっこ広場、じゃぶじゃぶ池、せせらぎ広場、アスレチック広場、運動広場、スズカケの広場、児童コーナー、新宿スポーツセンター、新宿コズミックスポーツセンター

ピックアップポイント

季節の花
ラベンダー
 
 
利用時間 観覧は常時可能です。夜間は照明等がないため、日中がお勧め。

プール
じゃぶじゃぶ池 戸山公園の箱根山地区は子供や幼児が水遊びのできるじゃぶじゃぶ池があります。
円形のプールは小さな子どもたちで賑わっていて、うきわや水遊び用おもちゃを持ってきて遊んでいる子もいます。プールの端には、水の流れる滑り台のようなところがあって、何度も上っては滑り降りて来て楽しめます。子どもが気軽に水遊びできる恰好の場所です。
ご注意 観覧は常時可能です。夜間は照明等がないため、日中がお勧め。

この公園の写真

  • 戸山公園1
  • 戸山公園2
  • 戸山公園3
  • 戸山公園4
  • 戸山公園5
  • 戸山公園6
  • 戸山公園7
  • 戸山公園8
  • 戸山公園9
  • 戸山公園10
  • 戸山公園11
  • 戸山公園12

この公園に関するつぶやき

このエリアの他の公園も見る

このエリア周辺のマップをみる


ページトップへ