神戸町あけぼの公園

神戸町あけぼの公園(ごうどちょうあけぼのこうえん)

神の戸(入口)の意味の歴史ある神戸町

神戸町あけぼの公園は、平成4年2月に開園された比較的に新しい公園です。
神戸町あけぼの公園のある、下井草5丁目は、江戸時代の頃から、下井草村神戸と呼ばれていた場所です。その後、昭和7年の町名改定によって、神戸町になりました。
そして、神戸町あけぼの公園名には、あけぼのの前に、神戸町という当時の町名が残っています。
神戸町あけぼの公園の敷地は、東南の角地にあり、とても日当たりの良い公園です。南北に長い公園の敷地面積は、約393坪あり、公園の中央部分は、子供達が駆け回れる広場になっており、公園の西側には、ブランコや平均台や平行棒等の付いた複合遊具、滑り台、藤棚付きの砂場が置かれてあります。また、神戸町あけぼの公園の南側には、化粧ブロックで造られた、水の流れの出来る池があり、水遊びが出来ます。

アクセス

【所在地】東京都杉並区下井草5-8-24
【問合せ】03-3312-2111
【駅からのアクセス】
 ・西武新宿線『井荻駅』 南口から徒歩7分

施設内容

水の流れ、藤棚付きの砂場、ブランコ、複合遊具、滑り台、動物型水飲み場、トイレ、ベンチ 【防災設備】 防火水槽

この公園の写真

  • 神戸町あけぼの公園1

この公園に関するつぶやき

このエリア周辺のマップをみる