小日向~憧れの高級住宅街特集

第六天町、茗荷谷町、小日向水道町、小日向台町、三軒町、清水谷町などが合併されて誕生しました。 小日向(こひなた)の名は、1559年(永禄2年)の文献にすでにあります。

鶴高日向という人の所領で家が絶えたあと「古日向」といっていたのが、いつしかこの名になったとされています。
小日向台という台地があり、坂が多いのが特徴。
坂には「切支丹坂」・「薬罐(やかん)坂」など江戸期からの名称がついています。
閑静な住宅街で石川啄木・安部公房・横溝正史などの旧居がありました。
小説にもよく登場します。

かつて茗荷谷町付近はその地形の美しさから、「茗渓」(めいけい)という美称でも呼ばれていたそうです。
その証拠に、現在でも「茗渓」という名の会館などを目にする事が出来ます。