街をたのしく!住建ハウジングの東京地域情報サイト

教育の森公園(きょういくのもりこうえん)

文京区に色濃く残る緑。子供たちの遊び場としても鑑賞としても楽しめる

教育の森公園 旧東京教育大学(現在の筑波大学)跡地を利用した「水と緑の防災公園」です。災害時の広域避難場所となっているため、中央部に避難広場となる自由広場があ り、隣接する文京スポーツセンターと一体化して救援活動に使用されます。地下貯水槽や放水設備を設け、周囲には門や塀を設けず、入り口を多くとり、主要園 路が広く直線状となっているのが特徴です。また自由広場のまわりには、じゃぶじゃぶ池や 緑濃い樹林帯、山岳風の景観の林間広場、二つの半月池や石張りの正門広場等を配するとともに、既存の桜並木も見事です。園内には「文京区非核平和都市宣 言」を記念する彫刻を始めとして3点の彫刻があります。また隣接して元の守山藩の上屋敷跡であった、斜面地を利用した自然豊かな占春園があります。
ここは筑波大学附属小学校の自然観察の場となっていますが、文京区が維持管理を行い一般に開放しています。

アクセス

【所在地】東京都文京区大塚3-29
【問合せ】03-5803-1252
【駅からのアクセス】
 ・地下鉄丸の内線「茗荷谷」駅徒歩3分

施設内容

自由広場 じゃぶじゃぶ池 桜  防災設備:地下貯水槽、防水設備

ピックアップポイント

季節の花
ギョイコウ ウコン
 
 
 
利用時間 観覧は常時可能です。

この公園の写真

  • 教育の森公園1
  • 教育の森公園2
  • 教育の森公園3
  • 教育の森公園4
  • 教育の森公園5

この公園に関するつぶやき

このエリアの他の公園も見る

このエリア周辺のマップをみる


ページトップへ