松濤~憧れの高級住宅街特集

オーチャードホールの入り口から低層の住宅地が続きます。
にぎやかな渋谷から突然商業施設などのない閑静な高級住宅地です。

この松濤(松涛)は、神山町、富ヶ谷、上原といった渋谷区の小田急線南側一帯の住宅地が背後にあり、その先端部分になっています。
江戸時代は紀州徳川家の屋敷だったが、明治9年に肥前の鍋島家が購入し「松濤園」という茶畑にしました。

その跡地を、大正、昭和に住宅地として売り出して現在の邸宅街となり、もともと大山という地名だったのを昭和3年に松濤としました。
大山稲荷神社にその名が残っています。
東急本店の場所には大向小学校がありました。

松濤・神山町には有名人が多数住んでいると言われ、人通りが極めて少ない街です。
高級住宅地にはちょっと場違いな渋谷区立松涛中学校が、松濤の真ん中に広いスペースをとっています。
かつての佐賀の殿様鍋島邸があった場所です。
この中学校に近所から通う子供の数は減りましたが、最近は帰国・外国生徒の受入校として特色のある教育を行っています。
また敷地内には渋谷区の教育センターがあって、視聴覚ライブラリー、教育相談などのサービスを行っています。

>> 松濤周辺の不動産(一戸建て・マンション・土地・事業用物件)を探す