練馬区 -漫画家の街-

「アニメのまち宣言」をしている練馬区は、 日本のアニメ発祥の地。
アニメ関連企業数として日本随一なのですが、実は制作業者だけではなく、原画を描く漫画作家も数多く集まっており、「漫画家の街」という称号も合わせ持っています。

練馬区にあった少女漫画家版トキワ荘「大泉サロン」

著名な漫画家の下宿先として知られるなアパートに、手塚治虫をはじめ、藤子不二雄、赤塚不二夫といった名だたる漫画家が住んでいた「トキワ荘(豊島区南長崎)」がありますが、女性漫画家版のトキワ荘ともいえる「大泉サロン(1970年~1973年)」が練馬区大泉にありました。
元々竹宮惠子と萩尾望都が同居していたアパート。
ここへ「24年組」と呼ばれた女性漫画家達が集まりだし、漫画を描いたりアシスタントをしたり語りあったという、伝説のアパートです。

少女漫画を大きく発展させた歴史的な場所

漫画家・坂田 靖子が名付けたとされる「大泉サロン」は、記憶を辿ると実際は古びたアパートで、練馬区南大泉・小関のバス停留所から歩いて1、2分ぐらいのところにあったそうです。
まわりにはキャベツ畑がひろがり、腐ったキャベツの匂いが漂う様な場所だったということなのですが…。
すでに解体されてしまい、正確な場所は定かではありません。
しかし、日本の漫画を語る上で欠かせない逸話として今も語られるエピソードです。

さて、練馬区を舞台とする作品は非常に多いのですが、それを慕って移り住むアニメ・漫画マニアも少なからずいるようです。作品に登場したエリアにこだわるという住居選びも、マニアの醍醐味なのかもしれません。

【大泉サロンに関わった漫画作家】

竹宮惠子、萩尾望都、青池保子、大島弓子、木原敏江、樹村みのり、ささやななえ、坂田靖子、佐藤史生、山岸凉子、山田ミネコ、花郁悠紀子、水樹和佳、樹村みのり、伊藤愛子、たらさわみち、増山法恵、など。

【練馬区にゆかりのある漫画作家】

手塚治虫、石ノ森章太郎 、松本零士、ちばてつや、高橋留美子、モンキーパンチ、高橋留美子、いがらしゆみこ、ちばあきお、あだち充、弘兼憲史、柴門ふみ、あずまきよひこ、吾妻ひでお、山上たつひこ、馬場のぼる、白土三平、前川かずお、吉沢やすみ、小畑健、など。

【練馬を舞台にした作品・練馬が登場する作品】

ドラえもん、ど根性ガエル、課長島耕作、タッチ、みゆき、H2、クロスゲーム、ナイン、うる星やつら、めぞん一刻、らんま1/2、ダーティペア、がきデカ、究極超人あ~る、鉄腕バーディー、ツヨシしっかりしなさい、BARレモン・ハート、練馬大根ブラザース、のだめカンタービレ、よつばと!、臨死!!江古田ちゃん、クレヨンしんちゃん、デジモンアドベンチャー、ねりまより愛をこめて、ハヤテのごとく!、こちら葛飾区亀有公園前派出所、など。