中央区銀座~憧れの高級住宅街特集

2003年で「江戸開府400年」、銀座が街として築かれたのは1612年(慶長17年)だそうです。
駿府から銀貨鋳造所を移し、新両替町と命名。

銀座役所を中心とした現・銀座1丁目から4丁目が幕府の御用をうける職人町として始まりました。
武具を商う店や、修理する職人、染め物屋、青物市場など旧町名にあるように商人と職人の街でした。

当時の店舗は住宅を兼ねていましたから、銀座は古来から住む街でもあったのです。
時代は下って明治になってからも、明治政府が導入した煉瓦街の建物は店舗兼住宅。
小さい坪庭を抱き、漆喰を塗った和洋折衷の煉瓦造りでした。

1階は店舗と台所、2階は寝室というのが主な構造で、ハイカラな生活をしていたようです。
現在も住まいの形態はさまざまですが、銀座に住んでいる中央区民が、数多くいます。

中央区銀座

銀座三越前


>> 銀座周辺の不動産(一戸建て・マンション・土地・事業用物件)を探す