区立新宿中央公園

JR新宿駅から歩いて10分弱、営団丸の内線「西新宿駅」から7~8分、都営大江戸線「都庁駅」からは0分。
都庁に面し、新宿の区立公園の中で最大の広さを持つ都会のオアシス。
それが、区立新宿中央公園です。

新宿中央公園は、副都心建設に際して造られた約9万㎡の広さの公園で、昭和 43年4月に開園、「淀橋浄水場」と小西六写真工業(現在のコニカ)の跡地に造られました。
公園は、高層ビルの立ち並ぶ現代的な街に貴重な緑地になります。

都庁を望む 「白糸の滝」や雄大な「ナイアガラの滝」は、観光客が頻繁に都庁を撮影していくスポットになり、週末の昼間は家族連れが多く訪れ、「ジャブジャブ池」 では子どもたちの歓声が都会の夏を彩ります。

「ナイアガラの滝」の前にある水の広場はアスファルトの広場となっていて、ストリートスポーツのスポットでもあります。
インラインスケートやボーダー等が時々練習をしているようです。
第一、三週の土日には、フリーマーケットも行われ大変な賑わいを見せています。

ここだけでは物足りないと思われる方は、「都庁」の食堂でご飯を食べて、 新宿三井ビル1階の「未来科学技術情報館」等も一緒に訪れみるのは如何でしょうか。