地名の由来あれこれ

 土地の名前は、その地域の伝説、地形、施設建物、職業、習慣など実に様々な由来によって名付けられています。
地名の由来を知ることにより、その地の奥深い歴史に触れることでしょう。
そんな地名の楽しい由来についてご紹介致します。

私達不動産業に携わっている者にとって地名は大変重要です。

お客様から、 「○○の○○町」とお問合せを頂いてまず、「あのあたりは確か・・」とすぐ に頭に思い描きますが、その地名は実に様々な理由で名付けられています。
今日はその中から幾つかお話し致しましょう。

言い伝えから命名されたもので 「目黒区洗足」は、日蓮上人が洗足池で足を洗った事に由来しています。

東京に多い由来では江戸幕府関係で下賜された土地などがあります。

「千代田区神田駿河台」は、徳川家康に使えた駿河在住の家臣団が、家康の死 によって江戸に戻り、この土地を与えられたことによるものです。

「千代田区一番町~六番町」は、幕臣の大番組の六組に与えた事によります。
番組は旗本の精鋭部隊であったそうです。

「港区北、南青山」は、 関東総奉行青山忠成の屋敷に由来します。
総奉行は農村から「死なぬように、生きぬように」年貢を徴収したそうです。

意外なところで 「新宿区歌舞伎町」は、戦後コマ劇場一帯の復興のため歌舞伎劇場を誘致しよ うとして実現せず町名のみが残ったからだそうです。

千代田区「紀尾井町」は、紀州藩上屋敷(赤坂プリンス)、尾張藩下屋敷(上智大学)、井伊藩中屋敷(ニューオータニ)等の屋敷があったからだそうです 。

「港区麻布十番」は、延宝3年古川の改修工事の第十工区がこの付近だったため名付けられました。

>> 番町周辺の不動産(一戸建て・マンション・土地・事業用物件)を探す

>> 青山周辺の不動産(一戸建て・マンション・土地・事業用物件)を探す

>> 麻布周辺の不動産(一戸建て・マンション・土地・事業用物件)を探す