「代田橋駅」そこに「代田橋」が架かっていた?

「代田橋駅」

玉川上水が暗渠化される以前は、駅の北西100mほどのところで甲州街道が上水を越えており、そこに「代田橋」が架かっていた。橋の名は付近の地名「代田」(代田村)より。

電車情報

【乗り入れ路線】京王線
【停車列車種類】各駅
【ターミナル駅までのアクセス】新宿駅まで7分・渋谷駅まで19分

代田橋駅の歴史

1913年(大正2年)4月15日 – 京王電気軌道の駅として開業。

代田橋駅エリアの雑学

代田橋駅
『ひとつ屋根の下』など、多くのテレビドラマのロケが行われた
懐かしい街並みを残す商店街「杉並和泉名店街」は
東京の真ん中の小さな沖縄「沖縄タウン」として知られています。
杉並区は、『沖縄学の父』と呼ばれる『伊波普猷(いはふゆう)』や、
『おもろさうし』(沖縄最古の歌謡集)の研究で有名な仲原善忠などの
高名な沖縄の学者が住んでいました。23区内で沖縄関係の在住が多く、
沖縄料理の店も都心では一番多いという背景もあり街おこしのテーマを『沖縄』にしたそうです。


このエリア周辺のマップをみる