吉祥寺の由来

JR中央線には「高円寺」、「吉祥寺」、「国分寺」と、中央線3寺と呼ばれる駅が有ります。
国分寺、高円寺にはそれぞれ同名のお寺がありますが、吉祥寺には残念ながら「吉祥寺」というお寺はありません。

吉祥寺の由来は長禄二年(1458)にさかのぼります。
太田道灌が江戸城築城の際に井戸を掘ったところ「吉祥増上」と印された金印が発見されました。
そこで、城内に寺を建立し一宇を設け「吉祥寺」と称したのが始まりといわれています。
吉祥寺は天正19年(1591)に今の水道橋近くの神田台(駿河台)に移りましたが、明暦3年(1657)の大火(俗に言う振袖大火)で類焼し、その後幕府の命令 によって区画整理が行われ、文京区本駒込に七堂伽藍を建立し移転しました。
しかし門前の町人達は居を失ってしまいましたので、万治2年(1659年)吉祥寺 の浪士、佐藤定右衛門、宮崎甚右衛門が土着の百姓・松井十郎座衛門と協力して現在の武蔵野市一帯を開墾し吉祥寺門前の町人達を移住させました。
「吉祥寺」に愛着を持っていた住人たちが、この地を吉祥寺と名付けた事から、武蔵野の吉祥寺が始まりました。

また、当時本駒込の「吉祥寺」は曹洞宗江戸三ヶ寺の一つで、僧侶の養成機関として梅檀林(駒沢大学の前身・文禄元年(1592)に創建)を持ち、千余名の学僧が学び、江戸幕府の教育施設、昌平坂学問所と並び称されたと聞きます。